入院生活開始。噂の母乳合宿で徹夜おっぱい。

私が入院していたのは産後の母乳合宿(おっぱい合宿)で有名な病院でした。
他を知らないので何とも言えないのですが、過去最大レベルの激痛と疲労の直後だというのになかなかハードだったのは確かです。
でも、ここでの入院生活が辛いかどうかは赤ちゃんの個性や母乳の出具合によると思います。

通常は産後5時間ですぐ母子同室、母乳合宿突入なのですが、私の場合出血がかなり多かったようなので、0時30分頃の出産の後、午前中は休めました。眠れなかったけど。

しかし午後赤ちゃんと同室になってからきつかった・・・

授乳授乳授乳とにかく授乳

とにかく泣いたらおっぱいくわえさせる!頻回授乳命。
泣かなくても、2時間だったか3時間だったかに1回は寝ていても起こしてくわえさせること!

というのが鉄則なのですが、私の赤ちゃんは大抵30分も空かないで泣くのでもうずーーーーーーっと授乳。
寝る暇なんかないです。
やっと寝たと思ったら泣く、の繰り返し。
最初からおっぱいジャバジャバ出る人もいるようですが私は最初はチビチビ1滴2滴絞り出すような感じだったし、赤ちゃんの身体が大きいから必要量が多かったというのもあるのか、とにかく絶対足りてない。

でも
「赤ちゃんは3日分のお弁当を持って生まれてくるんです^^」
とのことでミルクは極力足しません。
体重測って(授乳する前後の赤ちゃんの体重を測ってどれだけ飲んだか確認します)、どうしても必要だったらたまーーーに10mlをぽつりと貰えるくらい。

出産時の出血が多かったというのが関係しているのか、入院中ずっと顔が真っ白で唇に色がなく死体みたいでした。
会陰切開の傷がめちゃめちゃ痛くて円座にも座れないし。歩くだけで痛いし。
そんな状態でずーーーーーっと授乳。

みんなこんな状態で頑張ってるのかな・・・と思おうとしたのですが、赤ちゃんが起きてもすぐ寝てしまってなかなか授乳できず頑張って起こしている人もチラホラ見かけたし、泣き声もうちはひときわ大きくて、
「私けっこう大変なほうかもしれない・・・」
と思ってしまいました。

寝させてくれ

助産師さんが常駐している授乳室があり、泣いたらそこに赤ちゃんをコット(可動式のベッド)ごと連れて行って授乳して助産師さんの指導を受けるように言われます。
でも私は常に授乳しているような状態で、少しでも寝てくれたら自分もすぐ横になりたかったし、わざわざコット押して授乳室行ったのに座る場所もないほど混んでいる時もあったりして、途中からはもう授乳室に行かず個室で授乳していました。

しかしそうしているとすかさず助産師さんが部屋にやってきて、

「授乳室にもきてくださいねー」

と言われる・・・
授乳量を量ったり授乳の姿勢や搾乳の方法を教わったりしないといけないからというのは分かるんですが、とにかく眠い。

書き起こすの大変なのでもう画像晒してしまいますがこちらがその記録。

例えば「1時に授乳」次は「2時に授乳」ってあったとしても、1時間休めているわけではなくて、このころの授乳って5分やそこらでは終わらないので、30分以上くわえさせていたりします。
なのでほんと授乳しっぱなしです。
赤ちゃんも寝てないし。

M10って書いてあるのがミルク10mlです。
お腹空いて泣いてるんだろうに十分に飲めず、眠いし可哀想だしでしんどいです。

初日の夜貫徹になってしまったので、さすがに記録用紙を見た助産師さんが

「今夜は少し赤ちゃんあずかるから、寝ましょう」

と言ってくれました。
しかし大きな病院なので「一体何人いるんだ?」ってくらい助産師さんがいて、その日の夜、
「少し寝たいのでお願いします」
と赤ちゃんをあずけにいったらその時にいた助産師さんにはあまりいい顔をされず、

「大泣きしたらお部屋に連れて行きますね(まさかミルクあげといてなんて言わないよね?)」

と言われ・・・。
結局30分もしないうちに、

「ママ呼んでま~す」

と戻されました・・・あずけた意味なし。
母乳へのこだわりや厳しさが、助産師さんによって結構違った気がします。

コメント